ファッションの知識。サイズ選択で服の印象が変わる

ファッションの初心者が疑問に思う事の1つに、どうすれば格好良くなるのかがあります。

格好良い服を購入して着てみたのに、なぜか格好良くならない。
要因は様々にありますが、特に大きな理由の1つはサイズの選択間違いです。

ファッションの初心者がやってしまう典型的なミスの1つに、いつも通りのサイズで購入してしまう事があります。これは、ファッションにおける落とし穴の1つです。

デザインが同じなら、後はいつものサイズを選ぶだけ。これでは、いつまで経っても格好良いコーディネートはできないでしょう。



服のサイズもデザインの内です。

いつものサイズを選ぶ方は、これまでと同じ服を購入しているのと同じと言えます。
服のサイズがどれほど重要な要素かは、実際に試着をしてみると良くわかるでしょう。


例えば、お店でシャツを購入する際、いつものサイズがMサイズの方ならSサイズも一緒に試着してみてください。

すると、多くの場合はSサイズの方が格好良く見えるものです。

この感じ方は間違いではありません。

シルエットが細くなり、格好良く見えやすいシルエットであるIラインやAラインに近くなった。
だから、格好良く見えるようになっています。

このように、一般的なサイズ表記は、格好良く見えるサイズよりも大きめに作られているものです。

いつものサイズと、格好良く見えるサイズとは全く別物である事を覚えておきましょう。

初めてでもわかりやすい、教えて!gooの情報サイトはこちらです。

アイテムを購入する際、サイズ選びの良い参考になります。

マリメッコはとても人気があり、興味深いです。